更年期の原因と症状は?はやい段階から対策は打てるのか?

女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことをいいます。だいたい、40代半ばと言われています。
更年期には個人差がありますがだいたいの目安として言われています。
ホルモンバランスの乱れによって「体のほてり」「大量の汗」などの症状が現れます。
また、更年期の時期に生活リズムが崩れたり、ストレスが原因で更年期障害が現れます。
この更年期は最近では30代でも起こる若年性更年期障害も増えてきています。
若いころから、健康な生活習慣を過ごすことが重要です。

その症状には個人差があり、さほど気にならない方もいれば、日常生活に影響が出る方もいらっしゃいます。
ほてり・のぼせ・胸の痛み・脈のはやまり・多汗・めまい・ふらつき・耳鳴り・倦怠感・肥満・やせ・むくみ・頭痛・冷え・頻尿・尿漏れ・抜け毛・薄毛・肩こり・腰痛・手足のしびれ・イライラ・不安・うつ・神経質・睡眠障害・意欲低下・健忘症・月経異常・不正出血・吐き気・食欲不振・口が乾く・などがあります。
かなりたくさんの症状がありますので、注意が必要です。
とくに更年期障害のうつなど、生活に影響がでますので出来るだけ生活習慣から見直してならない対策をしていきしょう。

まずは病院に行きましょう!その中で治療をしていく事が一番です。その中で、一番の治療とするとホルモン注射が一般的と言われていますが、ホルモンバランスを安定させることで、症状の改善がみられますので、生活習慣の中でも運動をするや、たばこを吸わない、お酒を控えるなど、健康的な生活をする事で改善がみられる事もあります。また、食事面で、ビタミン・ミネラル・カルシウム・亜鉛など、ホルモンを整える栄養をとる事で改善できます。
また最近では、エクオールという大豆イソフラボンが注目されいます。
サプリや大豆製品を摂り食事面でも改善治療をしましょう。

便秘を放っておくのは危険

女性に多い悩みとして便秘があげられますが、便秘だと肌などにも影響があり、気分的にも良くありません。しかし、どれだけトイレで頑張っても排出できない。慢性化している証拠です。今回はそんな便秘に悩むかたに、便秘が少しでも改善できる方法などをご紹介したいと思います。

便秘が続くとどうなるか

便秘が続くと顔などの皮膚に吹き出物ができたりもしますし、体臭も排出物の臭いがしてくる事もあります。そしてオナラなどもとても臭いがきつくなる。更に、腸内に溜まったままなので、それが悪玉菌を量産してしまい腸内環境が悪化します。また、便秘が続いているのに、私達は必ず食事を取るので、それが積もり積もって胃にも詰まってくる。酷い場合だと1週間平気で排出しない人もいますが、とても危険な事なんです。

便秘を改善する方法

まず、腸内環境を良くしなければいけません。と言ってもどうしたら良いのか。すでに悪玉菌で腸内環境が悪くなってしまってるので、時間はかかりますが、まず食生活と生活リズムの改善が必要。ファーストフードや麺類といったものや、脂っこい食事は避け、食べる時間帯もちゃんと決められた時間帯に取る。そして、ひじきや大豆製品、酢の物などバランスの良い食事に心掛ける。納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、とある濁った川の色を透き通るお水の色に変えた実験成功例があり、とても浄化などにも良いとされています。野菜も食物繊維の多いものを選んで摂取する事がおすすめ。また、寝る時間も夜遅くまで起きていると、体内の循環機能をリセットする時間が少なくなるので、夜更かしは避けましょう。

便秘を慢性化させない為に

食生活や日々の生活リズムの改善と共に、毎朝常温のコップ1杯のお水を飲んだり、水素水や炭酸水(無糖)など取り入れ、適度な運動はもちろん、腸揉みも定期的におこなうと良いかと思います。また、健康茶などでデトックス効果のあるお茶もドラッグストアで販売されていますので、試してみるのも効果的。ただ、便秘薬などの薬にはあまり頼らない方が良いと思います。飲み続ける事で、飲まないと排出できなくなる癖がついてしまいますので、それであれば健康茶の方が身体にも良いのでおすすめです。

コメント