更年期障害に良いサプリメントの選び方と口コミ評価の高いサプリ5選!

できれば避けたい更年期サプリメントとは、口コミの評判が悪い、 勧誘の電話がしつこい、継続困難な高い値段、定期購入以外は受け付けておらず、ちょっとものは試しに注文してみたい場合は大変不便な場合です。

更年期障害の症状をちょっとでも緩和させたい!とにかく何とかしたい!と思っていても具体的にどのようなサプリメントがあって、サプリメントなら何でも良いのかも初期のレベルでは分からないものです。更年期障害の最大のポイントは女性ホルモンと自律神経なので、この2点を気を留めながら自分にピッタリの更年期障害対策サプリメントを見つけだしましょう。

ここでは、極力好評判のサプリメント、電話勧誘がないサプリメント、1万円くらいのサプリ、お試しがあるもの、返金保証があるもの『今回のみ購入』と『定期購入』と選べるサプリを5選を紹介します。

更年期障害を和らげる成分と効果

更年期障害のきつい症状を和ませてくれる成分が6つあります。一番有名な成分は大豆3-フェニルクロモン・プラセンタ。さらに、ローヤルゼリー・マカ・高麗ニンジンも健康のために摂り入れる人が多い成分として注目を浴びています。

更年期障害について調べると、【エクオール】と言う成分がありました。女性ホルモンに類似した作用があるそうです。しわの防止や肩こり解消目的でサプリメントを飲用している方もいるのではないでしょうか。

ここで紹介した6つの成分には女性ホルモンや自律神経への効能が見込めると言われています、更年期障害に苦悩する人は当然、若い方も是非覚えておきたい成分です。

更年期障害対策サプリメント5選

 

◎キッコーマンの大豆イソフラボンサプリ

このサプリの人気の訳合い
●有名なキッコーマンのサプリ
●アグリコン型イソフラボン配合
●カルシウム吸入れる 、ビタミンD3
●1日2粒のみでよく継続しやすい
●一回目限りで50%オフの利得ありどのような人が購入してるのか?
●更年期症状で苦悩している人●大豆イソフラボンを体内に摂取したい人
●気持ちが不安定で怠慢な人

女性に格段嬉しい厳選された4つの成分がタップリ大豆の 熟練者!醤油で名高いキッコーマンから、更年期年代の女性に嬉しいサプリメントからだ想い「基本のサプリ」が出現しましたよ。吸収されやすいアグリコン型のイソフラボンとぶどう種子ポリフェノールをメインに、不足しがちなビタミンD3や葉酸も調合しました。更年期を元気よく!という希望をもとに、キッコーマン独自の研究で誕生した、40代からの基本サプリです。

基本のサプリ|からだ想い|キッコーマン 大豆イソフラボンサプリメント【公式通販】
「大豆イソフラボンアグリコン」「ぶどう種子ポリフェノール」「葉酸」「ビタミンD3」が含有されています。

酵素分解ローヤルゼリーキング

ローヤルゼリー健康食品3年連続販売売上第一位をキープ!

ローヤルゼリーが人気の訳合い
●希有なローヤルゼリーを体内に摂取する
●栄養物が40種類以上も
●特許技能でアミノ酸を摂取しやすく
●吸い取る性能・多量に含有され、アップ継続中
●ちっちゃくて大変引用しやすい

どんな人が購入者なのか?
●更年期障害が我慢できない人
●更年期に準備したい人
●ローヤルゼリーを試飲したい人

吸収力が秀逸で飲用しやすい山田養蜂場のローヤルゼリー

酵素分解ローヤルゼリーキングはローヤルゼリーの薬効成分を吸収しやすくし特許技能で作られた、ローヤルゼリーサプリメントです。『ローヤルゼリーは更年期を軽減する作用があるのでは?』とたくさんの研究がなされている人気の成分で、更年期や加年への気づかい、食生活の支援、快適な日々の実現に対し大いに期待されています。ただし、コストがやや高めですが、効果が高く長期愛飲されています。

●プラセンタのフローレス化粧品
プラセンタのコスメとサプリメントを専門に扱うフローレス化粧品です。高級原料の馬のプラセンタを使用。
●full-me(フルミー)公式ショップ| 国産マカを使用したサプリメントの販売等 / full-me MACA(単品)
日本産のマカだけを使用した、女性のためのマカ
●CoCoRo プラセンタ屋
CoCoRoプラセンタは、女性特有の悩みを持つ代表自らが作ったオリジナル馬プラセンタサプリメントです。

心と身体のつながり、バランスのとれてこその健康

健康というと一見身体ばかりに意識がいきがちであるように思えます。健康のために今より5㎏痩せようと始めたダイエット、担当の医師にタバコやお酒を控えるように注意されたから意識して控えている、またプロボクサーであれば大会までにシビアな減量があり、どうしてもクリアしないといけない試練などとさまざまな場面がありますね。それぞれの状況におかれた健康な身体作りをみなさんしていたりします。しかし、健康とは身体ばかりではありません。今の日本の傾向を見ると正にストレス社会で、仕事や人間関係などさまざなストレスから心の病気を発症する人が増えています。

うつ病が増える現代社会

真面目な人、責任感の強い人ほど、この病気を発症しやすく、今ではこういった精神疾患は国民病とも言われています。私の周りにも、うつ病を発症し、未だ治療中の方がいます。人により短期間で治る人、あるいは長期に渡り、療養生活をしている人など、さまざまです。

どういったタイプの人が、心の病気を発症しやすいのか

あまり物事を主張せず気持ちを溜め込んでしまう人、人から何を頼まれても断れず何でも引き受けてしまう人、自分に厳しく責任感が強い人、休日でも仕事のことが気になりうまく気分転換ができない人といった傾向のある人です。

自分を甘やかす時間を作ろう

上にあげたように、心の病気を発症しやすい人は一言でいうと大変真面目で頑張り屋、完璧主義なタイプです。しかし、それがあまりに過度になると身体と心のバランスを崩し、思うような結果がでないと自分を必要以上に責めたり、思い詰めたり、落ち込みすぎたりといった状況におちいります。そのようにならないためには、ときには自分を甘やかす時間を存分に作ることです。うまくいくときもあればいかないこともあると発想を変えてみることです。意識1つで気持ちが楽になり、もっと柔軟に考えることを学ぶ必要があります。

趣味、生き甲斐となるものを見つける

これをやっている時間がとにかく楽しいといった趣味などを見つけてみましょう。ギターを弾く、映画鑑賞、スイミング、旅行、読書など自分が没頭できるものなら何でも構いません。仕事とのメリハリをうまくつけることが大事です。

いかがでしたか?身体だけでなく、心も健康であって初めて健康と言えます。ストレス社会の今、心の健康にもより意識していきましょう。